2022年10月、アルバイトの働き方が改正!〜健康保険適用拡大への対策〜

こんにちは!2022年10月からアルバイト・パート等短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用が拡大されます。

今回の記事では、現行と改正案を比較し、今年の10月から開始される改正点について解説していきます。


1、現行の短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用

現行の社会保険制度では、パート・アルバイトの加入義務は、所定労働時間が週20時間以上となる特定適用事業所で働く短時間労働者を対象としています。ただし、週30時間未満でも下記の一定の要件を満たしている場合にも、社会保険に加入させる義務があります。


✔︎ 特定適用事業所とは 事業主が同一である適用事業所で、短時間労働者を除いた被保険者の総数が常時500人を超える事業所

✔︎ 一定の要件 ・1週の所定労働時間が20時間以上であること ・雇用期間が1年以上見込まれること ・賃金の月額が88,000円以上であること ・学生でないこと


2、2022年10月からの短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大

法改正により、短時間労働者に対する社会保険の適用が拡大されます。特定適用事業所の基準と一定の要件の中で短時間労働者の雇用期限の基準が改正されます。その他の要件は変更なしとなります。


✔︎ 令和4年10月からの改正 「特定適用事業所」の要件 ・現行:常時501人以上 ・2022年10月〜:常時101人以上 ・2024年10月〜:常時51人以上


「短時間労働者」の適用要件 ・現行:雇用期間が1年以上見込まれる。 ・2022年10月〜:通常の被保険者と同じく、雇用期間が2カ月を超えて見込まれる。


3、健康保険適用拡大への対策

今年の10月から新たに被保険者となる従業員がいる場合は「被保険者資格取得届」等の提出が必要です。

✔︎ 事前準備

①. 新たに被保険者となる短時間労働者の把握


②. 従業員への説明


③. 2022年10月以降の「資格取得届」の準備 *被扶養者がいる場合には「被扶養者(異動)届」の作成が必要です。



出所:厚生労働省「令和4年10月からの短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用の拡大」

閲覧数:22回0件のコメント