外国人の方に人事・労務を説明する方法!3つの支援ツールとは?

こんにちは!最近、グローバル化が進み、外国人雇用が注目なっており、採用している企業様が増え続けています。

今回の記事では、外国人の方に人事・労務を説明する際にお困りが生じた場合、外国人労働者の人事・労務に関する3つの支援ツールをご紹介いたします!



①. 外国人の方からこのような質問や要望を受けることはありませんか?

・最初に聞いた給料と振り込まれている金額が違うのは何で?

・なぜ、彼の方が先に昇給したの?

・育児のために休暇を取りたいが、どうすれば?

・もっと働きたいのに、なぜ働いてはいけないの?

・ハラスメントを受けているかも知れません。どうすればいい?

・8時が始業なので、8時ちょうどに会社に来れば良いと思います。

・18時半になったので、帰ります。

・年末年始の休暇はいらないので、代わりに2月に多く休ませてください。

・会社に住所を教えたくありません。

・健康診断を受けたくありません。

・転勤をしたくありません。


私たちにとって当然な日本の法制度や雇用慣行は、外国人の方にとっては馴染みのないものかもしれません。



 

1)『外国人社員と働く職場の労務管理に使えるポイント・例文集~日本人社員、外国人社員ともに働きやすい職場をつくるために

【PDF】

【Word】

1採用、2賃金、3労働時間及び休暇、4異動、退職及び解雇、5安全衛生及び災害補償、6ハラスメント、7退職金、8在留資格、9正社員以外の働き方 +企業の好事例について説明の例文や図表を紹介しています。



2) 雇用管理に役立つ多言語用語集

:用語集のExcel版は、こちら[Excel]

労働関係、社会保険関係の用語約420語について、やさしい日本語のほか9言語

・英語、韓国語、中国語(簡・繁)、タガログ語、ベトナム語、ネパール語、ポルトガル語、スペイン語により、定義・例文を検索できる用語集!



3)モデル就業規則

:外国人社員向け就業規則の作成に当たっては、モデル就業規則やさしい日本語版を活用!


 



出所:厚生労働省「外国人の方に人事・労務を説明する際にお困りではないですか?

閲覧数:2回0件のコメント